171-0031

東京都豊島区目白2丁目12−4

info@fujimieko.jp

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン

Copyright (C) 2006-2018 Mieko Fuji Contemporary Dance School & Company. All Rights Reserved.

講師紹介
馬場ひかり

幼少より、芙二三枝子に師事。青山学院大学文学部英米文学科、ジュリアードスクール舞踊科卒。1979年現代舞踊協会新人賞、2002年舞踊批評家協会新人賞、2013年現代舞踊協会時代を創る現代舞踊公演群舞奨励賞、

2016年ニムラ賞受賞。1980年文化庁芸術家在外研修員として渡米。

ニューヨークのジュリアードスクールで学ぶ。19年のニューヨークでの活動の後、1999年帰国、馬場ひかりダンスプロジェクトを発足。東京を拠点に公演活動を行う。これまで芙二三枝子舞踊団の国内外の数多くの公演に、ダンサー、振付家として参加。また後進の指導にも力を注いでいる。馬場ひかりダンスプロジェクト芸術監督、芙二三枝子舞踊団副芸術監督、同研究所副所長、日本女子体育大学非常勤講師、PASダンスの学校(東京ダンス機構)講師。

 

<近年の主な作品>「宇宙卵」(2001年・新国立劇場中劇場)、「散華」(2006年・東京芸術劇場プレイハウス)、「神話のデモンタージュ」(2008年・俳優座劇場)、「パッション」(2010年・俳優座劇場)、「宙花」(2015年・あうるすぽっと)

山﨑則子
1988年より芙二三枝子舞踊団員として国内、海外(北京、内蒙古、香港、イン ド、スイス、新疆ウイグル) の公演に出演。1999年からは、馬場ひかりダンスプロジェクト、グループFFの公 演等にも出演。

芙二三枝子舞踊研究所教師。
舞踊団の制作を担当。

手塚多希
9才より芙二三枝子に師事。以後、芙二三枝子舞踊団の国内外の公演に多数出演。

劇団青年座研究所 にて、演技・日舞・狂言・ミームなど、身体表現を幅広く学ぶ。 

芙二三枝子舞踊研究所教師。
東京福祉専門学校非常勤講師。